保険と手すり

介護保険が支給される手すりの取り付け

同居している高齢者の方が要介護や要支援認定を受けている場合は専門業者に取り付けを頼む前にケアマネージャーに安全のための住宅改修をしたい旨を伝えるとスムーズに住宅改修の申請が可能です。要介護、要支援に認定を受けている方が住む家に手すりやスロープを取り付ける場合は介護保険が適用されるため、20万円を上限として費用の9割が支給される制度があるため、上手に利用する事で改修費用を節約して取り付ける事が可能です。この制度は事前申請が必要な都道府県が多く、必要な申請書類なども多いためケアマネージャーに相談する事をおすすめします。

改修内容や業者選びは慎重に

手すりやスロープの取り付け工事を行う専門業者を選ぶのは慎重に行わなければ、必要の無い場所に手すりを取り付けたり、介護保険で全部改修できると契約させて契約後に支給対象外が発覚するなどのトラブルが全国的に発生しているため少しでも疑問を生じたらケアマネージャーに相談する事が重要です。階段の手すりの設置は平均的な相場は3万から5万程度、廊下は2万円から4万程度が相場と言われており、設置する廊下の長さや手すりの素材を高級なものにすると値段は上昇していく傾向があります。設置する際は一番必要とする高齢者の方が立ち会って、どのくらいの高さで設置するのが使いやすいか、体に負担がないか確かめて設置してもらうと失敗が少ないです。